自転車 後ろ乗せ いつから

自転車の後ろ乗せっていつから可能?

自転車 後ろ乗せ いつから

 

自転車の子供乗せ。
買い物や保育園の送り迎えなどで毎日活躍してる自転車。

 

子供が大きくなると前乗りタイプは、乗り降りが大変になります。

 

子供が成長してそろそろ後ろに乗せたいけど
前乗せから後ろ乗せにするタイミングは、いつがいいの?

 

子供を乗せる自転車やチャイルドシートには
安全に乗れる適応基準が定められています。

 

自転車の後ろ乗せ

 

子供の後ろ乗せは、1歳から6歳未満(小学校入学まで)
体重22kg未満、身長115cm未満となっています。

 

基準では、1歳を過ぎれば後ろ乗せは可能ですが、
一般的には2歳を過ぎてから後ろ乗せにする人が多いようです。

 

後ろ乗せの場合は、前乗せと違い運転しているとき子供の様子は見えません。
例えば、子供の靴が落ちても気付きにくく、
子供が寝てしまっても前乗りの椅子ほど安定感がないので危険です。

 

後ろ乗せにするタイミングは、
月齢や体重だけで判断するのは難しいです。

 

自転車の後ろ乗せ

 

後ろ乗せにするタイミングとしては
  • ハンドルをしっかり両手で握っていられる
  • 足をブラブラしない、など注意が理解できる
  • 椅子に大人しく座っていられる

 

などが出来るようになる頃がいいですね。

 

逆に、子供が大きくなりすぎて前乗せをしていると、
ハンドル操作が難しかったり、座席がきつくて降ろすときに、
自転車が転倒しやすくなりますので座席がきつくて子供が嫌がるようになった時も、
後ろ乗せにするいいタイミングになります。

 

こちらも参考に!⇒雨の日に子供を乗せ自転車を運転するときの注意点とは?

 

スポンサードリンク


トップ 目次 運転中に注意すること 自転車通勤を始める前に 通勤用クロスバイク一覧