自転車 サビ取り 556

556を利用した自転車サビ取り法

自転車のチェーンにはサビがつきものです。
他のところは塗装がしっかりしていたり材質がサビにくいものになっています。

 

サビ取り自転車

 

でもチェーンだけはどうしても鉄分で作られているわけです。
鉄は空気にふれると酸化します。

 

初めは新品でピカピカしていても月日の経過とともに、
茶色がかったサビついてしまいます。

 

ミシン油などで適宜回転を良くしていれば問題ありません。

 

でも遠乗り用とかスポーツタイプで手入れをこまめに行う車種は
ともかくとして、ママチャリや子供用自転車となると、
そこまでの保守はしきれないというのが
どこのご家庭にも共通しているのではないでしょうか。

 

余程ひどいサビでもないかぎり運転には支障がありません。
でもサビを放っておくとチェーンが外れたリ回転が悪くなったりします。

 

そのため一定の期間ごとに556を使ってサビ取りをすることをおすすめします。
KURE 5-56(クレ556) 220ml[クレ556 金属みがき]【17_k】

 

やり方はサビている部分に556のスプレーを軽くかけ
ペダルを回転させて、チェーンを動かすことを数回行えば大丈夫です。

 

サビ取り自転車

 

すぐに色が銀色になるわけではありません。
でも、サビの色が気になる場合は歯ブラシでこすってみてください。
そして古いタオルでふき取るのがいいでしょう。

 

556のつけすぎには気をつけてください。
もし多すぎるなと思ったらタオルでふき取ります。

 

一度に完璧にするよりもこまめに556を使ってサビ取りを続け
愛用の自転車を見守ってあげるのがいいのです。

 

こちらも参考に!⇒ピカールを利用した自転車サビ取り法

 

「556を利用した自転車サビ取り法」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

ピカールを利用した自転車サビ取り法
ピカールを利用した自転車サビ取り法についてわかりやすく解説しました。
自転車 チェーンのサビ取り方法
自転車チェーンのサビ取り方法についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 運転中に注意すること 自転車通勤を始める前に 通勤用クロスバイク一覧