自転車 雨 サビ

雨が原因でできる自転車のサビは放っておいても大丈夫?

自転車 雨 サビ

 

雨の日は自転車を外に出さない方がよいです。
なぜなら自転車がサビてしまうので。

 

それでも彼氏彼女とのデートのためであったり子供の送り迎えのために
雨の日でも自転車に乗らないといけないことだってあるでしょう。

 

ただどうしても自転車はサビてしまいます。
この記事では雨が原因でできる自転車のサビついて解説します。

 

 

雨でできる自転車のサビはどうすればいい?

 

ステンレスの自転車

 

まず自転車の素材にステンレスを使えば問題解決です。
ステンレスだったらそう簡単に錆びませんから。

 

ただステンレス製の自転車って値段が高いです。
しかも重くなって運転しづらくなります。

 

だったら「雨の日は自転車を避ければいいじゃん!」
で話は終わってしまいます。

 

そこでステンレス製以外の自転車だという前提で
話を進めていきましょう。

 

雨の日に一般的な自転車に乗ったら少しずつサビができてきます。
そんな場合にはサビをゴシゴシとってください。
自転車にできたサビを放置するのはダメです。

 

自転車のサビを取る理由は
  • 見た目をよくすること
  • 自転車の機能が落ちるのを防ぐこと

 

この2つです。

 

チェーンにサビが付くと速度が出ません。
ペダルも重くなります。

 

となると、後日自転車を運転しようと思ったら
思いっきり全力でペダルをこいでもゆっくりしか進みません。

 

しんどい割に自転車が動かないので
はっきりいって時間と体力の無駄遣いになってしまいます。

 

またワイヤーにサビが付くとブレーキや変速機の動きがわるくなります。
そこで次の記事で自転車のサビを取る必殺技について解説します。

 

こちらも参考に!⇒自転車 チェーンのサビ取り方法

 

雨が原因でできる自転車のサビは放っておいても大丈夫?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

雨の日に子供を乗せ自転車を運転するときの注意点とは?
雨の日に子供を乗せ自転車を運転するときの注意点についてわかりやすく解説しました。
雨の日におすすめの自転車対策
雨の日におすすめの自転車対策についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 運転中に注意すること 自転車通勤を始める前に 通勤用クロスバイク一覧