自転車 雨 子供

雨の日に子供を乗せ自転車を運転するときの注意点とは?

雨 子供 自転車

 

雨が降っても吹雪の日でも自転車で子供を
保育園まで送り迎えするお母さんってすごいです。
命がけだと思います。

 

ただ雨や吹雪の日に子供を自転車に乗せて運転するのはすごく怖いことです。
突然横から腰の曲がった身長150pくらいの老人が
下を向きながらゆっくりトボトボと歩いていたら急ブレーキをかけて避けるしかありません。

 

でも雨の日の急ブレーキは危険です。

 

老人を避けることができても
自転車に乗っている子供が吹き飛ばされる危険性があります。

 

自転車事故

 

老人の命と引き換えに子供の命が危なくなることだってあります。
それも雨の日だから子供に風邪をひかせまいと
いつもより自転車のスピードを上げてしまうことが原因です。

 

また子供が安定して乗れる自転車でないことも原因です。
そこで雨の日に子供を自転車に乗せるときに対策を解説します。

 

雨の日に子供を自転車に乗せるなら!?

 

子供を自転車に乗せる

 

まず子供を自転車に乗せるための補助いすを取り付けましょう。
最初から子供と一緒に乗れる自転車もありますよ。

 

たとえばこちらの自転車がそうです。
【防犯登録無料!おまけ4点セット付き!】3人乗り対応車!【2016年モデル】 YAMAHA (ヤマハ) PAS Babby XL (バビーXL) 電動自転車 (PA20BXL) 【3年間盗難保証付き】

 

雨の日に急ブレーキをかけても子供が吹き飛ばされにくいです。
あとは子供やあなた用に顔や頭が濡れないレインコートを装着すればOKです。

 

こちらの商品なら顔や髪の毛が濡れないのでおすすめです。。
【送料無料】カジメイク エントラントレインコート #7260 レインウエア レインスーツ

 

これで雨の日に突然、避ける気配のない老人が
トボトボと歩いてきても大丈夫です。

 

急ブレーキをかけても子供が吹っ飛ぶ心配がほとんどありません。
また顔や髪の毛が濡れないレインコートを着用すれば風邪をひく可能性も低くなります。

 

特に保育園くらいのお子さんなら溶連菌や突発性発疹、RSウイルスなど
風邪のような症状の出る病気がたくさんありますから。

 

最後に雨で濡れた道は滑りやすいです。
注意事項を掲載しておきますね。

 

注意点

 

雨の日に子供を乗せ自転車の運転するときの注意点
  • 子供のシートベルトは必須
  • ヘルメットも確実にかぶらせて!
  • 自転車用レインコートを着用しましょう
  • 傘をさして自転車を運転することは違法です
  • 真夏のレインコートは熱中症に注意してください
  • タイヤが雨で滑りやすくなっています、油断禁物です
  • 子供の様子を止まって何度も確認する

 

です。

 

こちらも参考に!⇒子供を自転車に乗せる注意点は?

 

スポンサードリンク

関連ページ

雨が原因でできる自転車のサビは放っておいても大丈夫?
雨が原因でできる自転車のサビは放っておいても大丈夫なのでしょうか?わかりやすく解説しました。
雨の日におすすめの自転車対策
雨の日におすすめの自転車対策についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 運転中に注意すること 自転車通勤を始める前に 通勤用クロスバイク一覧