自転車 パンク 修理 時間

自転車がパンクした!修理時間はどれくらいかかる?

自転車に乗っているといろんなトラブルに遭遇します。

 

自転車 トラブル

 

たとえば真夏だったら虫が口に入ってきて不快な思いをするかもしれません。
自転車通勤で不快に感じる虫対策をご紹介します

 

夜間走行中、ライトが急につかなくなり焦るかもしれません。
動画で確認!自転車のライトがつかない原因と対処法とは?

 

運転中にズボンが破れることだってあるかもしれません。
自転車通勤でズボンの股の部分が破れる場合の対処法とは?

 

他にも自転車に乗っているとタイヤがパンクすることだってあります。

 

この記事ではタイヤがパンクした場合、
お店に修理をお願いしたとしたら、どれくらいの時間がかかるのか?
解説したいと思います。

 

 

 

自転車のパンクを修理するのにかかる時間はどれくらい?

 

結論としては自転車のパンクを修理するのにかかる時間は
15分から30分程度見ていれば大丈夫です。

 

お店ではまずパンクしたタイヤを外し、チューブの空気が漏れていないか?
確認することから始めます。

 

もし空気が漏れているようならノリをタイヤにつけて
空気の漏れを抑えます。

 

そして再度空気の漏れを確認し、大丈夫ならタイヤを元の位置に戻し
空気を適度に入れて修理終了です。

 

これくらいなら15分くらい時間を見ていたら大丈夫でしょう。

 

タイヤを完全に交換しないといけないなら
30分くらい見ておいた方が無難ですね。

 

パンク修理にかかる費用ですが、
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

自転車がパンクした場合修理にかかる値段は?

スポンサードリンク


トップ 目次 運転中に注意すること 自転車通勤を始める前に 通勤用クロスバイク一覧