自転車 脂肪燃焼効果

自転車による脂肪燃焼効果を高める方法

自転車 脂肪燃焼効果

 

自転車通勤や自転車通学をすると痩せます。
なぜなら自転車などの運動をすると脂肪が燃焼されるからです。

 

「どうして自転車を利用すると脂肪が燃焼されるの?」
と疑問に感じている方のために解説します。

 

自転車で脂肪燃焼効果が起こる理由と高める方法

 

つらいと感じるくらいの運動強度にする

 

上り坂で自転車

 

「いやー、自転車通勤って楽しいな」
と軽く汗をふいている程度の運動ではなくて
「ハーハー」と息を切らしながら
つらいな。これだったら自転車通勤辞めようかな」くらいの運動強度を目指しましょう。

 

もちろん心臓病などの持病がある方や健康に自信のない方は
お医者さんに相談してからにしてくださいね。

 

とにかく、軽い運動よりもつらい運動を続けたほうが
脂肪燃焼効果は高まります。

 

たとえば、平坦な道を走るのではなくて
上り坂を通勤や通学路に選んでください。

 

上り坂を上る運動の方が平坦な道の運動よりもカロリーを3倍多く消費できます。

 

ただ、無理だけは絶対にしないでくださいね。

 

目安を知りたい方は心拍数を測るものを買ってください。
できれば腕時計タイプにしましょう。

 

心拍計

 

自転車に乗りながら、自分の体調を簡単に確かめることができますから。
おすすめはこちらです。
LETSCOM ID101HR 心拍計(有り) スマートブレスレット 活動量計

 

目安ですが。

 

220からあなたの年齢をひいた心拍数に0.7をかけてください。
たとえばあなたの年齢が40歳なら

 

220-40=180

 

180×0.7=126

 

心拍数が126を超えない程度の運動強度で自転車通勤をしましょう。
それでも苦痛を感じるようならもう少し心拍数を下げましょう。

 

あと脂肪燃焼効果を高めたいなら
週に3日以上は自転車通勤を頑張ってください。

 

週に1回くらいの運動だとすぐに脂肪がついてしまい
意味がなくなってしまいますから。

 

脂肪燃焼効果は自転車に5分といった短時間では期待できません。
脂肪燃焼が起こるまでの時間について次の記事で詳しく解説しました。

 

こちらも参考に!⇒脂肪燃焼を狙うなら自転車を乗る時間はどれくらい?

 

スポンサードリンク

関連ページ

脂肪燃焼を狙うなら自転車を乗る時間はどれくらい?
脂肪燃焼を狙うなら自転車を乗る時間はどれくらい必要なのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ 目次 運転中に注意すること 自転車通勤を始める前に 通勤用クロスバイク一覧