自転車 脂肪燃焼 時間

脂肪燃焼を狙うなら自転車を乗る時間はどれくらい?

自転車 脂肪燃焼 時間

 

「痩せたいんだけど、努力するのが面倒」
「頑張らずにできるダイエットは?」
とダイエット法を探している方は多いです。

 

こういった方に自転車通勤や自転車通学をおすすめします。

 

お仕事や学校はある意味義務です。

 

通勤や通学を辞めるということは辞職・退学を意味します。
ですからどんな手段であれ、会社や学校に行くしかありません。

 

だったら自転車通勤や自転車通学にすることで
気持ちよくダイエットをするのが得策です。

 

自転車によるダイエットの意味としては脂肪燃焼です。
ある一定の時間、自転車を利用することで脂肪燃焼が起こり
いらないぜい肉をそぎ落とすことができます。

 

「ある一定の時間って?どれくらいの時間、自転車通勤すれば
脂肪燃焼効果があるの?」と気になる方もいるでしょう。

 

そこでこの記事ではどれくらいの時間
自転車を動かせば脂肪燃焼効果が得られるのか?解説したいと思います。

 

自転車で脂肪燃焼効果が出始めるのは何時間?

 

20分間自転車をこぐ

 

結論としては何時間ではなく、20分以上です。
20分以上自転車をこぎ続ければ脂肪が燃焼し始めます。

 

ただ、10分自転車をこいで、10分休んでから
また10分自転車をこいで合計20分という運動では脂肪燃焼効果は出ません。

 

連続して20分以上自転車をこぎ続けることで有酸素運動としての効果が出始め
結果的に、脂肪が燃焼をし始めるのです。

 

そう考えるとあなたの通勤先や通学先の距離が短い
つまり、自転車で20分以内のところだと脂肪燃焼を狙えません。

 

そんな場合には休日に20分以上連続して自転車をこぐとか
あるいは寄り道してでも20分以上自転車を運転し続けるようにしましょう。

 

最後にまとめますと自転車で脂肪燃焼を狙うなら連続して
20分以上自転車を運転し続ける必要があります。

 

続いて脂肪燃焼効果を最大限に高めるための秘策について解説します。

 

こちらも参考に!⇒自転車による脂肪燃焼効果を高める方法

 

スポンサードリンク

関連ページ

自転車による脂肪燃焼効果を高める方法
自転車による脂肪燃焼効果を高める方法についてわかりやすく解説しました。

トップ 目次 運転中に注意すること 自転車通勤を始める前に 通勤用クロスバイク一覧